バッグに服をつめる女性

舞妓とは

京都では、多くの写真スタジオなどで舞妓体験が出来るようになっています。今後の動向についての予測ですが、他の都市でも気軽に出来るようになると考えられます。舞妓体験ができるお店や写真スタジオが京都に多いのは、実際に舞妓さんが多いからという理由があります。着付けや独特な化粧方法などを知っており、行うことの出来る人が多いためです。また、舞妓体験を行って外にでかけるできるプランなどもあります。京都の町並みは舞妓さんの格好とマッチしているため、散策しても楽しむことができます。ただ、日本全国には小京都と呼ばれる場所が多数点在します。舞妓体験を行える技術のある人が増えれば、観光の目玉として扱うことができ、需要が増えると考えられます。

舞妓体験で気をつける点は、時間が必要だと考えておくべきです。着付けや化粧に1時間程度、写真撮影などに1時間、もし外を散策するプランならさらに1時間程度、合計で3時間ほどを見ておくのが良いです。ですから観光時間などが決められている場合は、時間に注意しなければなりません。お店によっては軽食をだしてくれる所もありますが、着付けをしてしまうと食事が出来ないこともあります。ですから、小さなおにぎりやつまむことのできるチョコレートなどを持参するのが良いです。また、舞妓体験を行うのは冬は寒く夏は暑いので、外を散策する場合は天候などに注意しなければなりません。暑さ対策、寒さ対策などを行うのが賢明となっています。