バッグに服をつめる女性

お店探しのコツ

体験できるお店

かつて、舞妓体験が楽しめる場所としてあったのは、日本映画が全盛期を迎えていた1950年代に「東映城」の名で呼ばれていた映画会社東映の撮影所の跡地である、太秦映画村でした。
舞妓体験というサービスが始まった頃、すでに東映の撮影所はかつてのような時代劇のメッカとしてではなく、時代劇の雰囲気を楽しめるレジャーランドとしての色合いを濃くしていたのです。
殺陣ショーを楽しむことが出来、舞妓体験を楽しむことが出来たのです。
ただ、最近では太秦映画村以外の場所でも、舞妓体験のサービスを提供してくれるお店があります。
まずは、写真スタジオとこみこみのセットで提供している写真スタジオ。あるいは、むかし「置屋」であったお店。置屋とは舞妓さんが働いているお店のことです。

どんな体験をするか

太秦映画村、写真スタジオ、置屋。舞妓体験を楽しめるさまざまなお店がある中でどこに行くか。
それを決めるには、「どんな体験をしたいか」ということを基準にお店を見比べてみるのがコツです。
それぞれのお店に特徴があって、お店ごとに楽しめる体験サービスの内容が違うのです。
たとえば、太秦映画村は時代劇のリアルな世界を楽しめるセットが残っていて、まるで江戸時代の京都にタイムスリップしたかのような背景の中で、舞妓体験を楽しめます。
一方、写真スタジオのサービスでは、現代の京都の中でプロのカメラマンの人に撮影してもらえるので、美しい写真を旅の記念に残すことが出来るのです。